【新潟女児殺害】大桃珠生さん殺害事件の概要とご家族の抱える思いに迫る

悲しみの中メディアに向けた立派な言葉

mozlase__ / Pixabay

コメントは以下のような内容です。アナウンサーが読み上げた番組が多数ありました。ただでさえ辛い思いをしている遺族にこのようなコメントを出させる前にマスコミをはじめ周囲は節度を持ちたいものです。

「私たち家族は、大切な存在である娘を今回の思いがけない出来事で失い、悲しみの中におります。この状況を受け止めることは難しく、また、犯人が捕まったとしても娘が戻ってくることはありません。今は一日も早く、地域の方々や私たち家族が穏やかな生活を取り戻せることを願うばかりです。」引用:YAHOO!ニュース

子供の安全をどう守る?

Pexels / Pixabay

登下校中の交通事故や誘拐、性格異常者による突発的な犯罪など、子供の犯罪被害が後をたちません。どうやって守っていけば良いのか、小学校卒業までの子供は自分を守る力が弱いのですから大人が守らなくてはなりません。事件のあった地域のその後や海外の国の様子を見てみましょう。

悲しい事件のその後

makamuki0 / Pixabay

事件後、通学路の途中にある人気のない踏切では、地域の高齢者たちが交代で立ち番をしているそうです。子供の保護者たちは働いている人も多く、仕事をリタイアした高齢者たちが身体がキツイと思いながらも頑張っているそうです。

この地域に限らず朝夕の登下校の時間、通学路の角々にタスキを掛けた高齢者が立つ姿を見かけることが多くなりました。若い人は仕事で忙しいので高齢者に依存せざるを得ないのかも知れませんが、これからは高齢者も減少していきますから頼ってばかりもいられなくなるでしょう。

旗持ち当番は悩ましい?

最近は産休、育休の後は職場復帰、或いは再就職をする人がとても多いですね。小学生の子供がいると「旗持ち当番」がもれなく回ってくる経験をした方、或いは真っ最中の方もいるかと思います。世帯数の多い地域なら当番の頻度も下がりますが、少ないと結構な負担になりそうですね。最近は朝だけでなく、帰りの時間もという地域が増えているようですし、フルタイムで働く親にとっては大変なんじゃないかと思います。

子供がいると急な発熱などで休むことがどうしても出てきます。更に当番のために遅刻や早退が増える事に職場で理解が得られなかったり、仕事を理由に当番を代って貰うことが度々だと地域での評判が悪くなったり、どちらを選ぶのも辛い選択になってしまいそうです。

イギリスでは保護者による送迎が当たり前

skeeze / Pixabay

法律で決まっているわけではありませんが、イギリスでは子供が11歳になるまでは学校への送迎は保護者がするのが当然とされています。それだけではなく、公園などで遊ぶのも必ず保護者が付いていないといけません。以前、家族でイギリスに一年間滞在して帰国した知人が「常に子供に付いていなければならなくて疲れた」と疲労困憊の様子でした。

「安全な日本に帰ってこれて良かった」としみじみ語っていましたが、このような事件が起きてみると、日本の安全神話はもう過去のお話と思わなければいけないのではないか?と思わざるを得ません。何かあってから後悔しても遅いのです。

ドイツでは保護者が送迎するのが一般的

職住近接の国と言われていて、お昼ご飯は大人も子供も家に帰って食べると聞いたことがあります。子供たちが通う学校も家から近いと思いますが、重すぎる通学カバンを子供に持たせないためなのか、安全のためかは分りませんがカバンは親が持ち学校まで送迎するのが一般的なのだそうです。親子で歩いて行くのか、車での送り迎えかは夫々だと思いますが、子供だけで徒歩通学をする日本は先進国の中でも珍しいのかも知れません。

アメリカではスクールバスが一般的

StockSnap / Pixabay

アメリカの子供たちは日本の子供が皆、歩いて通学する事に非常に驚くのだそうです。地域や州にもよりますがスクールバスでの通学が一般的なのです。安全な場所も勿論ありますが、危険な場所もたくさんあるので当然といえば当然なのかも知れません。子供の場合、バスから降りた直後の交通事故が有りがちですがアメリカではそれを防ぐ工夫もされています。

片側2車線の道路ではスクールバスが停車したら、対向車線も含めて全ての車が停止しなければいけません。子供がバスの直前を横断するような事をしなければ、車に轢かれる心配は無いわけです。

日本のスクールバス事情

少子化で集団登校が困難な地域ではスクールバス導入の要望があったり、検討されたり実際に導入されているケースも増えているようです。また集団登下校では、子供の列に車がツッコミ何人もの子供が犠牲になる事故が後をたちません。そんな事を考えると、スクールバスは一番安全なような気がしてきます。

NEXT スクールバスはどのくらい活用されている?