鏡に向かって「お前は誰だ」実践したらどうなる?精神崩壊するって本当?

編集者や大学教授

Free-Photos / Pixabay

1日に何件もの原稿を校正する編集者や、学生の論文をチェックしなければいけない大学教授といった職業に多く発症するとされています。それ以外の職業でも、1つの物を注視する必要のある職業や日常生活でも起こりうるのです。かきとり練習をこなさなければならない学生や、表の集計等で数字を扱う事務職の人にも当てはまります。

音楽プロデューサー

matuska / Pixabay

人ネットが普及した現在、プロアマ問わず沢山の人間が音楽を聴くだけに留まらず、編集作業に携わるようになりました。その為、1つの曲を全体で聴くのではなく、特定のパートや楽器に注目して作業していると全く別の曲だと錯覚するという現象が起きるのです。生徒1人1人の声を聴き分ける音楽の先生も、陥りやすいと言えます。

ゲシュタルト崩壊に有効な対処法

Free-Photos / Pixabay

認識出来ないことに焦って精神疾患を疑うかもしれません。そんな時は、少し文字から距離をとって頭をリラックスさせることが効果的です。また、少し休憩をとって可能であれば入浴や軽いストレッチをすることも、脳の疲労には効果があるのでお勧めです。

ゲシュタルト崩壊に似た症状の脳障害

qimono / Pixabay

ゲシュタルト崩壊は一時的なもので、精神疾患ではありません。しかし、長期間続くようでしたら、失認症を疑わなければいけません。失認症も、早期であれば受診後3ヵ月程で完治する物がほとんどです。事故や病気によって起こる、脳機能の障害について触れていきます。

相貌失認

Engin_Akyurt / Pixabay

家族や恋人、友人等、普段から付き合いの深い相手の顔を見ても、誰なのか解らないのが特徴です。また、この障害は声を聴けば誰なのか理解することが出来るという一面もあります。面識の無い取引先の人物と会わなければいけない職に就いている人にとっては、致命的な障害です。

聴覚失認

Free-Photos / Pixabay

日常的に耳にする音や、耳馴染みのある言葉を聴いただけでは理解できないのが特徴です。車のクラクションを鳴らされたとしても、危険を警告する音だと気付くことが出来ず、事故に至る危険があります。また、話し相手の言葉が外国の言葉のように聴こえ、会話が成り立たなくなります。

同時失認

細部は理解出来るのに、全体の状況を把握することが出来ないのが特徴です。例えば、衣類についた糸くずや毛玉を取っていても、それが衣類なのだということが判断できなくなります。日常生活では困らないかもしれませんが、仕事においては支障をきたす恐れのある障害です。

物体失認

見ただけでは、その物体が何かを判断することが出来ないのが特徴です。果物や花を見てもその名前を思い出すことは出来ませんが、香りを嗅ぐことで解ることができるという面もあります。目の前に実物が存在すれば解決しますが、写真や映像を見ただけでは判断することが出来ない為、日常生活にも支障をきたします。

NEXT まだある!面白半分で絶対にやってはいけない都市伝説