初心者でも簡単!イカ釣りの定番エギングの仕掛けを徹底解説!

エギングラインの選び方|おすすめライン編

ラインとは釣りの際に使用される釣り糸のことです。ラインの強度があり、飛距離が出るかどうかがイカを釣れるかどうかの分かれ道になってくるため、道具選びの中でもかなり重要になってきます。

何を選んだらいいのか、初心者には何が向いているのかのポイントを解説していきます。

ラインの選び方

エギングを行うにあたっては強度、飛距離のあるものが何より重要となってきます。エギングに使うラインは大きく分けてPEラインとナイロンラインの2種類があります。どちらにもそれぞれに利点がありますが、初心者におすすめなのはPEラインです。

PEラインは飛距離が出やすく、強度もあるのでエギの操作に専念出来ます。ナイロンラインより少し値段は上がりますが、頻繁に糸が切れて全く釣れない…などとならない為にも、PEラインを選択することをおすすめします。

また、細めのものより、初心者は0.6~1号くらいのサイズが太さもあって縺れ難いので扱い易いです。

おすすめのラインその①|RaPaLa RAPINOVA-X エギング150m 0.6-0.8号

出典:Amazon

Amazonで見る

釣りのベテランの中でもリピーターの多い人気のラインです。オレンジと白のマーキングがあるので、高い視認性もあり、値段も1,600円程とお手頃なのもおすすめです。品質も安い=粗悪ではなく、値段はお手頃だけれど、しっかりとした作りになっています。まず最初にこのラインから始めるのがいいでしょう。

おすすめのラインその②|メジャークラフト PEライン 弾丸ブレイド8本編み 300m

出典:Amazon

Amazonで見る

先ほど紹介したものよりも少し高価にはなりますが、高感度、操作しやすい低伸度を兼ね備えたPEラインです。表面にコーティング加工が施されているので、初心者にも扱いやすい作りになっています。糸絡み等のライントラブルを軽減している点もおすすめです。

他にも初心者におすすめのエギングラインについて詳しく解説している記事があるので、そちらも是非参考にしてみて下さい。

おすすめエギングラインに関する記事はこちら

エギングラインの選び方|おすすめリーダー編

エギングリーダーは、ロッドから伸びるメインラインとジグとを結びつける釣糸のことです。イカ釣りに適した強度と飛距離を持つPEラインですが、擦れに非常に弱く、縒り糸なので一本でも切れるととても脆くなってしまうという欠点もあります。その欠点を補う役割が、エギングラインリーダーです。

エギングリーダーは5lb~12lbの強度のものを選ぶ

PEラインを擦れにくくする為に最も適しているのは、フロロカーボンラインです。フロロカーボンラインは耐久性が高く、低伸度のラインなので、PEラインの欠点を補いつつも、低伸度を増強することができます。

エギングリーダーを選ぶ基準としては、5lb~12lbくらいの強度が最もバランスがよいのでおすすめです。リーダーの方がメインラインよりも強度が強くなってしまうと、根掛りしてしまった際にPEラインが切れやすくなってしまいます。

ジギングの性質上、海底にジグを下ろし、アクションを付けて引き揚げながらイカが掛かるのを待つので、どうしても根掛りが起きやすくなってしまいます。値段も含めて、根掛りした際のことも考慮し、リーダーを選びましょう。

おすすめのエギングリーダーその①|ユニチカ キャスライン エギングリーダーII 50m 2号

出典:Amazon

Amazonで見る

高比重なので浮かびあがりにくく、エギの操作がかなりし易いのが特徴です。50mで価格1,000円前後と、かなりコスパのいいお得なリーダーです。30mでエギング約10回分くらいなので、初心者の場合、根掛りやPEラインが切れた場合のことも考えると、このリーダーがおすすめです。

NEXT おすすめのエギングリーダーその②モーリス ショックリーダー バリバス アバニエギングプレミアム  30m 2号